幸介からのメッセージ2005/04/10

【イントロが聞こえてきただけで泣いてしまいそうになる曲がある】

”L.A.Freeway” Guy Clark

「世界でいちばん素晴らしい曲は何か?」と問われたら、

僕は迷わず「L.A. Freeway」と答える。ガイ・クラークが書

いたその曲は、もう30年近くも僕の《 Old No.1 》であり続

けている。

それは、失意の歌であると同時に希望の歌だ。

​モチーフとなるメロディーは、わずか2小節。7つの音

と5つの音階で出来上がっている。

それは、たった3つのコードの流れの中で、ごく自然に
上昇したり下降したりを繰り返しながら、決して終止す
ることがない。

歌詞は、見事に韻をふまれ、その簡潔な言葉の後ろには
もの言わぬ多くの思いが慎重に隠されている。
物語が映し出す絵はあざやかで、そこに紡がれている物
語は、彼の,彼女の、君の、そして僕の物語だ。

なにげないギターに導かれて静かにフィドルがフィル・
インしてくる。そして、すぐに、真っ直ぐで飾り気のな
い歌声が聴こえてくる――――「荷物(dishes)をまとめ
てしまうんだ。でも、望み(wishes)はしまい込まないで
おこう」

せつなくて、やさしくて、厳しくて、力強い歌。
そして、この歌のすべてが、僕を泣かせる。
本当に、素晴らしい歌だ。