幸介からのメッセージ2006/03/28

#  Van Dyke Parks  “ Song Cycle ”

その昔、アナログ盤にはじめて針を落としたときの驚
き。それは、CDになった今もまったく変わらない。
《凛としたラリパッパぶり》とでも言えばいいのだろ
うか。この隙のないサイケデリックな音像には、いつ
も頭をクラクラさせられる。

まるで音のおもちゃ箱をひっくり返して世界一高い歌
の塔を建てようとしたみたいな――――そんな音楽。

僕は好きで好きでたまらないけれど、わからない人に
は永久にわからないだろうに違いない――――そんな
音楽。

でも、まあ、それはそれでかまわないや、と思ってし
まう――――そんな音楽。

代えのきかない音楽。
世の中にはそんなものが存在する。これは、僕にとっ
て、そんな一枚。

耳をすませば、アメリカが見える。