エピソード4 マイブームはイージーリスニング

シンガーソングライターの朝は遅い。
遅すぎるくらい遅い。ただのダダケモンみたいに遅い。
そんな彼の最近のお目覚めミュージックはイージーリスニング
読んで字の如く「聞きやすい音楽」
その中でも一番のお気に入りは「パーシーフェイスオーケストラ」
なんでも、その日はついてない一日だったそうで、
髪を切りにミナミの行き付けの店に行けば、臨時休業
ギターの弦を買いに行けば、ここもお休み
落胆して入ったレコード店で彼が見つけた物
それこそイージーリスニングのコーナーに7枚も並べられた
パーシーフェイスのCDだったのです。
以前から目をつけていた2枚組を買って帰る金森。
家に着き、そのCDを聞いた瞬間、その日の不運が癒されたそうです。
みなさん、イージーリスニングをバカにしてはいけません。
でも、選んでね。パーシーフェイスやったらオールOKやけど。
ちなみに、その日の不運はまだ続き、夜、外出しようとすると
玄関の電球が切れたそうです。
「電球切れたくらい、たいした事ちゃうやん」という僕に
「家帰った時、玄関暗かったら、ものすご~、いややねん」
という金森幸介でした。
もういっかい言うぞ。 お前はお子ちゃまか...