「CM」 Commercial

パカラッ!パカラッ!パカラッ!パカラッ!
ローハンの君主セオデン王が行く。
彼を乗せているのは中つ国一の駿馬「雪のたてがみ」。
その名の通り、雪のように白いたてがみをなびかせて
草原を風のように駆け抜けていく。
強い絆で結ばれた彼らには、モルドールの影さえも、
彼らを闇につなぎ止めることはできないのだ。
長年共に戦ってきた馬と王は、馳せながらも
会話をかわすことができた。

「自分な、"箱船は去って"のな、"通り雨"ていう曲な、ええと思わへん?」
「名演やがな、メンバーがすごいしな、細野晴臣、林立夫のリズム陣に・・・・」
「佐藤博のピアノ、中川イサトのギターに仲野papa仁太のペダルスチィールやで」
「この仲野papa仁太がまたええがな、日本人ばなれしたセンスやな」
「こんな人はおれへんな、うまくてなおかつすばらしい、あっ、有山じゅんじがおったわ」
「20年以上前にあんなことできてたんやもんなあ」
「そうそう、あの名演が一昨年のLOST SONGSの参加につながってくるなんてなあ」
「壮大な物語やなぁ、まるで指輪物語や」
「ほんまになあ、あれに参加してるミュージシヤンが"王の帰還"みたいやもんなあ」
「それはそうと君に教えたろと思てんけど」「えっ、なに?」
「3月21日にな、名古屋の得三でな・・」「ふんふん」
「金森幸介とな、仲野papa仁太がな、2人でLiveやるそうやで」
「エ~ッ、絶対見に行こ、こんなん滅多にみられへんやろ」
「あったりまえやがな!」
パカラッ!パカラッ!パカラッ! 馬と王はあっというまに去り、やがて見えなくなった。
は~いっOKで~す!お疲れさんでした~
「あっ、お疲れさんでした~、ふぅ~、マネージャーさん、この後の予定なんやった?」
「ロゼット洗顔パスタのCM録りです」
「ああ、あれなあ・・」

(この話はフィクションであり、登場する馬と金森幸介は関係ないはずです)